くだらない議論

B だがいくら考えても分らない事を考えるのは愚じゃあないか。A しかし御互に死ぬ時があるのだからな。B まだ一年や二年じゃあ死なないね。A どうだか。B それは明日にも死ぬかもわからないさ。けれどもそんな事を心配していたら、何一つ面白い事は出来なくなってしまうぜ。A それは間違っているだろう。死を予想しない快楽ぐらい、無意味なものはないじゃあないか。B 僕は無意味でも何でも死なんぞを予想する必要はないと思うが。A しかしそれでは好んで欺罔《ぎもう》に生きているようなものじゃないか。B それはそうかもしれない。A それなら何も今のような生活をしなくたってすむぜ。君だって欺罔を破るためにこう云う生活をしているのだろう。B とにかく今の僕にはまるで思索する気がなくなってしまったのだからね、君が何と云ってもこうしているより外に仕方がないよ。A (気の毒そうに)それならそれでいいさ。B くだらない議論をしている中に夜がふけたようだ。そろそろ出かけようか。A うん。B じゃあその着ると姿の見えなくなるマントルを取ってくれ給え。(Aとって渡す。Bマントルを着ると姿が消えてしまう。声ばかりがのこる。)さあ、行こう。A (マントルを着る。同じく消える。声ばかり。)[#ここから2字下げ]夜霧が下りているぜ。[#ここで字下げ終わり]

        ×

— posted by id at 10:35 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1817 sec.

http://aksarat.com/